初日の晩

初日の晩には、特に行事を設定していません。

中秋に一番近い週末のため、この日は大学の近辺でもいろいろイベントがあります。
首里城では「中秋の宴」が催されます。これは冊封使を迎えるための行事を再現したものらしいです。組踊や舞踊が行われます。
また、首里汀良町では、那覇市無形民俗文化財指定の獅子舞が催されます。
https://www.facebook.com/tera.shishimai/

とくに沖縄の芸能に触れる機会としては絶好のものですので、ご紹介しました。(特に引率したりはいたしません。ご自身で、あるいは連れ立ってどうぞ。)

でも、すぐに冷たいビールが飲みたい、という方もおられると思います。
そこで、「居酒屋守礼」に予約を入れてあります(「土屋」名義で予約)。ここはおもに地元の人が飲んでいるお店です(観光っぽさはほとんどありません)。
https://plus.google.com/118444008121815261120/about?gl=jp&hl=ja
呑みたい人は直行!そして、芸能を見に行かれた方も、ぜひ合流していただければと思います。

広告

細かい注意

沖縄県立芸術大学にくるには、モノレールやバスが便利ですが、もしも、タクシーで来ることになったら、何と言えば良いのでしょうか?
「芸術大学まで」「県立芸大まで」と言えばたいていわかってくれますが、そうでない場合もあるでしょう。しかも、わかってくれた場合でも、金城キャンパスはともかく、崎山キャンパスに連れて行かれる恐れがまったくないとは言えません。(沖縄県立芸術大学には三つのキャンパスがあります。当蔵、金城、崎山。いずれも首里にありますが、離れています。「当蔵」をめざしてください。)
で、もうひとつの解決策は、とりあえず、「とうのくらの交差点へ」というものです。そう、当蔵は「とうのくら」と読むのです。知らない運転手さんはいないはずです。交差点が近づいたら、「芸大の門の前までお願いします。」と付け加えてもよいでしょう。もう、別のキャンパスに連れてゆかれる心配はありませんから。

最寄りのバス停「当蔵」も読みは「とうのくら」です。おりるタイミングに不安があったら、あらかじめ、「とうのくら」で降ります、と運転手に話しておけば、教えてくれるはずです。

いよいよ明後日

はやいもので、露光研究発表会2014も明後日に迫って参りました。
幸いな事に、一番心配していた、台風の到来は免れることができました。
緊急の連絡やら難しい判断やらしなくてすんで、胸を撫で下ろしています。

沖縄はまだ夏です。風の涼しさはありますが、蒸し暑く、光線も強いです。
紫外線対策や熱中症対策は十分に行ってください。
あと、晴天が広がっていても、突然雨が降り出すのは、沖縄ではよくある事ですので、念のため雨具を忘れずに。

いまも、豊見城の側から、雨がこちらに近づいてくるのがわかります。試しに写真をとりました。もうすぐ雨が降るかもしれません。南風原方面は晴れているようです。
IMG_0842

 

あすの午後、われわれは会場準備や買い出しなどをしています。
来沖された皆様、あすは博物館・美術館が遅くまで開いていますし、書店に県産本(沖縄県内で出版された書籍・刊行物)を眺めにいっても良いと思います。(沖縄県には出版社も多く、独自の出版文化があります。通販で手に入れにくいものも多いです。)

それでも時間を持て余している方、どうしても会場の下見がしたいという方、あるいは、喜屋武や土屋にすこしでもはやく会いたい、という方は連絡をしてください。あるいは直接いらしてください。rokouken2014@outlook.jp のアドレスも、常時確認しています。

露光研、ラジオに登場!

露光研2014も、いよいよ間近に迫ってきました。台風の発生もないので、会期中の天候はどうあれ、どうやら警報発令などの深刻な混乱はなさそうですね。

さて、なんと、この月曜日から、ラジオ沖縄で露光研のことが取り上げられます。実行委員の喜屋武と土屋が登場します。沖縄県内の皆さん、毎日5分間なので、うっかり聴き逃さないでくださいね!

ラジオ沖縄 AM864
時間 6:25 p.m.〜6:30 p.m.
番組タイトル:『GO GO DownTown 国際通り発』

県外の皆様、おそらく下記アドレスのポッドキャストで聴けるようになるのではないかと思います。
http://pod.rokinawa.co.jp/wp/archives/category/gogo_downtown