細かい注意

沖縄県立芸術大学にくるには、モノレールやバスが便利ですが、もしも、タクシーで来ることになったら、何と言えば良いのでしょうか?
「芸術大学まで」「県立芸大まで」と言えばたいていわかってくれますが、そうでない場合もあるでしょう。しかも、わかってくれた場合でも、金城キャンパスはともかく、崎山キャンパスに連れて行かれる恐れがまったくないとは言えません。(沖縄県立芸術大学には三つのキャンパスがあります。当蔵、金城、崎山。いずれも首里にありますが、離れています。「当蔵」をめざしてください。)
で、もうひとつの解決策は、とりあえず、「とうのくらの交差点へ」というものです。そう、当蔵は「とうのくら」と読むのです。知らない運転手さんはいないはずです。交差点が近づいたら、「芸大の門の前までお願いします。」と付け加えてもよいでしょう。もう、別のキャンパスに連れてゆかれる心配はありませんから。

最寄りのバス停「当蔵」も読みは「とうのくら」です。おりるタイミングに不安があったら、あらかじめ、「とうのくら」で降ります、と運転手に話しておけば、教えてくれるはずです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中