本日が締切!

すでにご連絡をくださった皆様、ありがとうございます。応募状況を確認し集計をいたしましてから、受信確認済の旨連絡を差し上げますので、それまでしばらくのあいだお待ちください。(事務担当者)

 

広告

九月の沖縄と台風の統計

発表応募の締め切りは明日までとなっております。よろしくお願いします。

すでに梅雨明けした那覇では、強烈な日差しも時折見られ、夏の到来を実感しますが、突発的に強い雨が降ることもあります。わたしの自室の湿度は軽く80%を超えています。

さて、露光研が行われる9月に心配されるのは、台風の直撃です。
沖縄県立芸術大学がある那覇市の台風接近数の統計は以下の通りです。平年の値は1.0ですが、近年の様子をみると、九月中に一度か二度は、那覇を直撃する計算。

http://www.jma-net.go.jp/okinawa/menu/syokai/toukei/data/naha.pdf

天気出現率の統計もあります。晴れる確率は半分くらいでしょうか。

http://www.jma-net.go.jp/okinawa/menu/syokai/toukei/data/tenki936.html

県内では、台風が直撃するとしばしば行事が中止や延期に追い込まれます。露光研2014開催時に台風が直撃しないことを祈っていますが、万が一暴風警報が発令された場合の対処については、このサイトおよびFacebookにて随時お知らせし、混乱を最小限に抑えたいところです。もちろん晴れてくれるのが一番いいのですが。

協力団体も随時募っております。研究会や読書会の刺激材料とされてはいかがでしょうか。

下の写真は、中庭から一般教育棟を臨んだところ。三階左奥が会場となる大講義室です。中央部、あとから設置されたエレベーターだけがまだ新しい外観。風通しがよいブロックに赤い瓦は、沖縄のとりわけ公共建築にはおなじみの特徴。

中庭

FAQsのページを追加しました

沖縄は梅雨明けが待ち遠しい季節です。
沖縄県立芸術大学では、昨日、今日と日本映像学会の大会が行われました(明日はエクスカーション)。

さて、大変遅まきながら、FAQsのページを追加しました。ほかにも(あるいは関連して)、ご質問がございましたらおよせください。

附属図書・芸術資料館「写真集をめぐる一つの提案 写真集×映像」

沖縄県内の写真論関係の催しを一つ紹介します。(県外の方は参考程度にどうぞ。)

4月27日(日)までになりますが、沖縄県立芸術大学附属図書・芸術資料館にて「写真集をめぐる一つの提案 写真集×映像」という展覧会が行われています。県内にお住まいの方で、お時間のある方はぜひ足をお運びになられてはいかがでしょうか。

写真集×映像

https://www.facebook.com/shyashinshyu

第2サーキュラー

露光研究発表会2014 第2サーキュラー

2014年4月20日
露光研究発表会2014実行委員会

  【開催情報】(詳しくは第1サーキュラーをご覧ください)

1. 会期

2014年9月6日(土)・9月7日(日)
(発表会終了翌日(9月8日)にエクスカーションを予定しています。)

2. 会場

沖縄県立芸術大学首里当蔵キャンパス
一般教育棟3階大講義室

3. 主催

露光研究発表会2014実行委員会

  【応募要領】

「露光研究発表会2014」では、以下の通り、研究発表者を募集します。多くの皆様からのご応募をお待ちしております。

1. 応募方法

発表を希望する方は、

氏名(よみがな)
所属/身分
発表タイトル
発表要旨(1200字以内)
緊急連絡先(携帯電話番号/携帯メールアドレス等)

を記載したE-mailを
露光研事務局(rokouken2014@outlook.jp)
宛に送信してください(E-mailのSubject(件名)には、「露光研発表者応募」とご記入ください)。

2. 応募資格

応募資格は特に問いませんし定めませんが、年齢的な意味でも研究的な意味でも活きのよい、狭い領域を超えようとする自称「若手」のかたの応募をとりわけ期待しております。

3. 発表内容

広い意味でイメージや文化・芸術に関わる学術研究成果

4. 発表時間

30分(質疑応答の時間は別に設定)

5. 使用言語

日本語

6. 締切

2014年6月30日(月)必着

7. 使用可能機材

会場には下記の機材を用意しています。

ノートパソコン(Windows7/Mac OS X)、DVDデッキ、CD/プロジェクター、スピーカー、書画カメラ

またLAN接続も可能です。上掲リスト以外の使用機材がある場合には事前にお問い合わせください。可能な限り対応いたします。

8. 備考

  • 応募者多数の場合は審査を行う場合があります。
  • 発表タイトルと氏名はウェブサイト・掲示物等に記載いたします。
  • 発表要旨は当日参加者に配布します。そのほかの当日配付資料等は各自でご準備ください。

9. お問い合わせ先

露光研究発表会2014実行委員会事務局
rokouken2014@outlook.jp
(担当者:喜屋武盛也)

  【今後の予定】

6月末  研究発表締切
7月下旬 第三サーキュラー(プログラム公表)

※そのほか、露光研についての情報は、以下のサイトにて、随時お知らせします。
https://rokouken2014.wordpress.com/
https://www.facebook.com/events/1452275198342936/

facebookイベントページ

facebookにイベントページを作成していただきました。感謝!
https://www.facebook.com/events/1452275198342936/

早々と参加を表明いただいた皆様、誠にありがとうございます。

対象を限定したイベントではありませんので、すでに招待されているかたはもちろん、まだのかたも含めて、関心があるかたのご参加をひとしくお待ちしております。

協力団体追加

「協力団体」に、KoSAC(Kokubunji Society for Arts and Culture、通称コサック)が加わりました。

▼KoSACのURL
http://d.hatena.ne.jp/oxyfunk/
http://toshiromitsuoka.com/blog/

全国津々浦々で研究会や読書会を運営されている方々、「協力団体」に加わっていただけませんか?事務局アドレスrokouken2014@outlook.jpに、活動内容がわかる簡単な資料かサイトのurlをお送りください。露光研のことをメンバーへ周知していただければ、それ以外に特別な義務はありません。

懇親会などで、各会の活動の簡単な自己紹介してもらう場があればよいなと漠然と考えております。

第1サーキュラー

露光研究発表会2014 第1サーキュラー

2014年4月3日
露光研究発表会2014実行委員会

1 趣旨

「露光研究発表会」(露光研)は、2008年に沖縄県立芸術大学で開催された学術研究集会です。 参加者にいまなお強く印象を残す研究会でした。 2008年露光研の趣旨および開催までの経緯については、下記のページをご覧ください。 http://d.hatena.ne.jp/champuru/20080317/1205732077

それからはや5年あまりがすぎました。学問を取り巻く状況も変貌した2014年のいま、若手の研究者たちが集い、忌憚なく議論できる場をふたたび沖縄で設定したいと思います。コミュニケーションの手段が増えて、直接顔を合わせなくとも意見交換をするのは容易い時代です。しかし、あえて普段の生活の場を離れて、独自の風土と歴史を持ったここ沖縄で多くの人々と直に顔を合わせたとき、我々の研究にとってのあらたな課題が、あらたな思考が生まれはしないでしょうか。視聴覚文化論を中心に、美学、芸術理論、美術史、表象文化論、社会学、文学、地域研究、その他関連する諸領域を横断するかたちで、参加者相互の紐帯を築き今後の活動へむけての財産となるような会となることを目指します。

2 会期

2014年9月6日(土)・9月7日(日)

3 会場

沖縄県立芸術大学首里当蔵キャンパス(那覇市首里当蔵町1-4)
一般教育棟大講義室
☆アクセス http://www.okigei.ac.jp/access/

4 研究発表の募集

大学院生や若手研究者の方々の研究発表を広く募集します。 発表内容は広い意味で写真、視覚文化、聴覚文化、知覚や表象に類する事象をテーマとしたものであれば、とくに規定は設けません。 発表時間は一人30分を予定しております。どうぞ奮ってご参加ください。 詳細については、第2サーキュラーにてお知らせします。

5 事務局

903-8602 那覇市首里当蔵町1-4
沖縄県立芸術大学美術工芸学部美術学科芸術学専攻 気付
露光研究発表会実行委員会
email: rokouken2014@outlook.jp
url: https://rokouken2014.wordpress.com

6 今後のスケジュール(予定)

4月中旬 第2サーキュラー(研究発表の募集)
(6月末 研究発表応募締め切り)
7月下旬 第3サーキュラー(プログラムの周知)

7 実行委員

喜屋武盛也(沖縄県立芸術大学)
土屋誠一(沖縄県立芸術大学)

8 協力団体 (2014年4月3日 現在)

写真研究会
視聴覚文化研究会 http://avcs.web.fc2.com/index.html

————–
4月3日19:00 微細な字句修正(5年「あまり」が)